バーストコントローラをサバゲー実戦で試してみた

前回、室内での動作確認まで完了したバーストコントローラですが

今回は実際にサバイバルゲーム場に持ち込んで試してみました。

 

サバゲーはかなり動きが激しいので、部品が脱落したりしないようがっつりポッティングしてきました。

 

がんばってプリント基板を小型化したおかげで、銃本体のなかにちゃんと収まっています。

 

 

まずはゲーム投入前にシューティングレンジ(銃を調整するための射撃場)で試し打ち。

基板上のボリュームを調節して、バーストが3発になるようにして撃ってみました。

 

発射弾数はほぼ毎回きっちり3発ずつ発射。たまーに4発出るかなーという感じ。

まあ、ここは単にタイマーを使ってFETをON/OFFしているだけなので

タイミングによって多少変動があるのは仕方ないかな。


弾道は3発が素直にすーっと飛んでいって30m先のほぼ同じ位置に着弾。

セミオート、3点バースト、フルオートを切り替えて集弾性を比較すると
3発バースト>セミオート>>>フルオートといった感じ。

 

予想ではセミオートのほうが3点バーストより集弾性はいいかな?と思っていたのですが
セミオートで3発撃つ場合、3回トリガーを引かねばならず
どうもそのたびに少し銃身がぶれるようで、結果として集弾性が悪くなるようです。
それはお前の撃ち方が悪いからだろ!言われちゃいそうですが(^^;


フルオートはもう散りまくりw。これは予想通り。

イメージとしてはセミオートと3点バーストはターゲットを「点」で狙えますが、

フルオートは「面」に対して打ち込むって感じでした。

 

あとバーストは消費電流の面でもメリットがあります。

モーターは回転を始めるときに大きな電流が流れます。
そして回転し続けるとコイルに逆起電力が発生し始めるため、すっと電流が小さくなります。

結果、バッテリーから見るとインピーダンスが大きくなるように見えるため

消費電流が少なくなります。

 

セミオートの場合は、トリガを引くたびにモーターが回転を始めてすぐ止まるため
撃つたびに毎回大きな電流が流れます。

なのでフルオートメインで使っている場合と比べてバッテリーの持ちが明らかに悪くなります。

 

バーストの場合は最初にトリガを引いたときには大きな電流が流れますが
その後もモーターが回転を続けるので、消費電流は少なくなります。

 

なのでセミオートで3発撃つよりも、バーストで3発撃つほうが消費電流は小さくなり
バッテリーの持ちが改善されます。

同時にモーターやメカボックスにかかる負荷も減りますね。

 

トータルで多弾マグ2本、合計600発をバーストをメインにセミ、フルを織り交ぜて撃ってみましたが
なんのトラブルもなくすんなりと撃てました。

最初は回路がトラブル起こしたりしないかのチェックのつもりで撃ち始めたのですが
安定して動作してくれたため、途中からはチェックしに来たことを忘れて
「バーストショットすげー!!」と純粋に射撃を楽しんでおりました。

 

 

といったところでいよいよ実戦投入。

 

紹介が遅くなりましたが、今回お世話になったフィールドは千葉にある「戦」さん。

 

高低差があるフィールド内に絶妙の位置関係で障害物(隠れ場所&弾よけ場所)があり

毎回エキサイティングなゲームが展開される、イチオシのフィールドです。

 

今回投入した銃。

東京マルイのM4 CRWとマルゼンのCA870。

バーストユニットはM4CRWのほうに組み込みました。

というか、CA870は電動ではなくエアーコッキング式なので組み込み対象外なのです(笑
 

で、実戦での感想。

シューティングレンジでも試したとき同様、性能は申し分ないのですが

フルオートでの射撃をする場合には

 

バーストショット->そのままトリガーを引き続ける->フルオートに移行する

 

という手順で切り替わるようにプログラミングしたため、いきなりフルオート発射ってのができない。

これが結構面倒というかストレスでした。なんか別の方法でいきなりフルオートが出来るようにしたいですね。

 

普段の動作そのものは安定していましたが、バッテリーが消耗してくるとやや動作が不安定になるようでした。

これは回路の中でバッテリ―の内部抵抗を利用している部分があり

バッテリ―の消耗で出力電流が少なくなってくるとモロに影響を受けてしまうため。

構成上、避けようがないのですが、もう少しなんとかしたいところです。

 

といったところで、今回はバースト回路の有効性は確認できましたが、もうひと押しの改良が要りそうです。

今後も暇をみつけながらいろいろやってみたいと思います。

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ


仕事速いな総務省

 

前回紹介した局免申請で、免許発行の処理が意外と早く行われことを書きましたが

そのあと、こんな書類も速攻で送られてきました。

 

やるな、総務省(笑)

 

 

早いといえば、今年もあと1ヶ月を切りました。

歳を取ると時間がたつのが早いこと早いこと。

 

写真は今シーズン初めて見たクリスマスツリー。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ


電子開局申請で局免ゲット

報告が遅くなってしまいましたが先週末に無事に無線局免許状をゲットしました。

 

申請から局免ゲットまでを時系列で紹介するとこんな感じでした。

 

2016/11/5

総務省 電波利用 電子申請・届出システム Liteで免許申請。

 

2016/11/11

「申請手数料電子納付手続のお知らせ」メールが来る。

手数料2900円をペイジー(Pay-easy)で納付。

 

2016/11/18

免許状が送料着払いで到着。

 

1か月くらいはかかるかな思っていたのですが意外と速かったですね~。

 

以下雑感。

 

1.手数料の納付はペイジー(Pay-easy)がオススメ

手数料はペイジー(Pay-easy)というネット銀行経由で送金できる仕組みを利用しました。

総務省の申請サイトでは自分の申請状況が確認でき、その中に手数料を納付したか否かの情報があります。

最初は同然のように「未納付」になっているのですが、ペイジーで金曜日の深夜に手続きしたところ

瞬時にステータスが「納付済み」になりました。

週末の深夜の手続きだったので納付が完了するのて週明けかな~と思っていたのですが

意外な展開に驚きました。なかなかやるな総務省(笑

 

2.免許状の差出人が誤解を招きやすい

免許状は郵便局経由で送料着払いで届きました。

たまたま留守にしていたときに配達に来たようで、ポストに不在連絡票が入っていたのですが

差出人が「株式会社 日本アイデックス」。

 

最初に見たときはこの差出人が誰か分からず、「なにこれ?誰これ?」状態に。

しまいには「これは送り付け詐欺かもしれない」などと勘ぐってしまいました。

 

 

総務省のサイトにも「発送元は日本アイデックスです」とちゃんと書いてありました。

アイデックスさん疑ってすみません。

 

 

 

3.免許状は昔のと比べるとペラペラだ

昔の局免は厚紙みたいな紙に印字されてきましたが、

今のは普通のコピー用紙みたいな紙に印刷されていました。

 

このままの状態だと他の紙類に紛れてどこかに行ってしまいそうな気がしたので

速攻で100円ショップに行ってプラスチック製のカードケースを買って入れました。

ちなみにサイズはA5ですよ〜

 

というわけで局免を無事ゲットできました。

アマチュア無線にカムバックをお考えの皆様、

旧機種でのお手軽開局申請の期限は2017/11/30までですよ〜

この機会を是非お見逃しなく!!

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ


| 1/41PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

RSS Readerに登録

製作物紹介リンク

メールフォーム

秋葉原ショールームのご案内

ヤフオク出品中キット


selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM