CWエレキーの製作その9(メモリー機能の追加)

cw keyer

CWエレキーの製作の件、DSPラジオの製作とAMラジオ放送局訪問の記事の間にすっかり埋もれてしまい
忘れ去られた感がだいぶ強くなってきておりますが(笑、こちらも地道に製作を進めております。

前回までの記事でエレキ―としての基本的な機能の確認とケースへの組み込みまでは完了。
今回はメモリー機能を追加してみました。動作の様子をYoutubeにアップしましたので詳しくはそちらで。



マイコンのメモリサイズが小さいので、あんまり長いデータは記録できないのですが
コンテストでCQ出すくらいなら使えるレベルになりました。

動画ではブザーを接続して動作確認してますが、実際に無線機に繋いでの送信テストもやってみました。
こちらも動作良好でした(^^)v

今後はとりあえず実戦投入しながら使い勝手を確認していく予定。


#CWキーヤー #CWエレキー #自作











CWエレキーの製作その8(ケース内での配線)

cw keyer
前回はケースの加工までしかできていなかったので今回は内部配線をしました。

いつもならプリント基板をケースに組み込んだ状態で配線するのですが
ケース内スペースがちょ〜ギリギリなので一旦基板を取り出して
配線材を付けてから組み込みました。

cw keyer
なんとかうまく収まってくれたかな。


と思ったら、基板上部についているデバッガ用のピンヘッダと
そのすぐ右隣のDCコネクタの隙間がすんごいギリギリで
デバッガのコネクタをピンヘッダに挿そうとするとDCコネクタが干渉してすんなりとささらない・・・


ま、デバッグする間だけの話だから我慢してこのまま続行予定(^^;

#CWキーヤー #CWエレキー #自作











CWエレキーの製作その7(ケースへ組込み)

cw keyer
CWキーヤーがそこそこ動作するようになったのでケースに組み込んでみました。

たまたま手持ちにあったプラケースに試しに入れてみたところ
なんと横幅が基板サイズにぴったり!!
別にこのケースに入れることを想定して基板設計したわけではなかったので

ちょっとびっくりでした。

cw keyer
電源用ジャック、パドル接続用ヘッドホンジャック、出力用ジャックも付けてみました。

cw keyer
横からみるとこんな感じ。
左が電源ジャック、右側の上がパドル接続用、下側が出力用ジャック。

cw keyer
上蓋には速度調整用のボリュームと動作確認用のLEDをつけました。
手のひらサイズでなかなかコンパクトにできました。

LEDの取り付け位置がだいぶ端っこに来てしまっていますが
押しボタンスイッチを追加で付ける予定があるので
その場所を確保しておくための措置だったりします。

で、その押しボタンは何のために追加するのかというと・・・・・


ふっふっふ・・・・・秘密(w


#CWキーヤー #CWエレキー #自作









CWエレキーの製作その6(動作確認)

CW KEYER
前回、部品実装が完了してマイコンのコーディングに入っていたCWエレキーが
ようやくそれなりに動くところまできました。

一通りのコーディングまではわりとすぐ終わったのですが
実際にキーイングしてみてフィーリングを確認しながら微調整をしていたら
結構時間がかかってしまいました。


動作させているところを動画にとってみました。
まだエレキー用のパドルを持っていないので(^^;プッシュスイッチで代用品をでっちあげて使ってます。
キーイングの出力部分にブザーを繋いでモニター代わりにしています


基本的な動作はほぼこれでOKかな。
このままだと使いずらいのでちゃんとケースに収める予定です。



#CWキーヤー #CWエレキー #自作








CWエレキーの製作その5(プリント基板到着)

cw keyer

先月FusionPCBにオーダーしていたエレキーのプリント基板が到着しました。

発注が中国の春節の直前になってしまったためか、今回は入手まで結構時間がかかりました。

いつもだと早いと2週間、遅くても3週間程度でGETできていましたが

今回は1か月以上待ったかな。

 

下手したら発注してたことを忘れちゃうくらいの待ちっぷり(^^;

 

cw keyer

大きさはこんな感じ。

予想してたより小さいです。

 

もちろんCADツール上でサイズは確認できるのですが

PC画面上にめいっぱい拡大表示してCAD作業しているので、大きさがなかなか実感できず、

実際よりも感覚的に大きいような気分になってくるもんで。

実サイズは45mm×35mmになります。

 

基板色も以前は緑色以外は有料オプション扱いだったものが

いつのまにか無料になっていたので今回は赤を選んでみました。

 

cw keyer

早速部品も実装してみました。

特に問題なくスムーズに実装できました。

 

テスト用にLED点滅ソフトを作って動かしてみたところ無事動作。

とりあえず一安心。

 

ここから先はソフトの実装フェーズに入りますが、むしろここからが本番。

時間を見つけながらぼちぼちコーディングしていきたいと思います。


#CWキーヤー #CWエレキー #自作


 









CWエレキーの製作その4(プリント基板を設計してみる)

CW-KEYER_V1_PTN.gif
前回のハードウェア動作確認でそこそこ行けそうな雰囲気だったので
プリント基板の設計を始めました。

CADツールを弄るのも2年ぶりくらいなので
まともに設計できるかどうか・・・
そもそも使い方を覚えてるかどうかすら怪しいレベル。

というわけで、あまり実装密度にはこだわらずゆるーく設計中。

あまりぎっちり作っちゃうと部品実装が大変だったりするし
もともと部品点数も少ないので、ゆるく作っても
そこそこコンパクトにものになるのではないかと。。

回路そのものは前々回くらいに載せたものと同じです。
今回は回路図をpdfで置いておきますので、ご入り用の方はどうぞ。

久しぶりのCAD作業ですが、

「ここを配線してしまうとこっちのラインが通らない」
みたいなパズル的な要素が多くて、やっぱり楽しいですねー(^^)


しかもそうやって考えたパターンを

実際にプリント基板として工場に発注できてしまい、
最後にはオリジナル基板として手にいれることができるという。。。

いやはや、電子工作の世界での産業革命って感じですねー。
と、2年ぶりにテンション上がったところで次回に続きます。

#CWキーヤー #CWエレキー #自作










CWエレキーの製作その3(HW動作確認)

 

前回作ったテスト用の回路に簡易ソフトを入れて動作テストをしてみました。

とりあえずHW的に問題ないかを確認するためのものなので

エレキーの本来の動作とは程遠いものですが(^^;

 

今回の実験では下記が確認できました。

・短点、長点がそれぞれ出力できること

・出力用のトランジスタスイッチが動作すること

 

HWとしてはとりあえずOKっぽいですね。

 

続きまた次回。

 

 


#CWキーヤー #CWエレキー #自作


にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ









CWエレキーの製作 その2

CW用エレキーの続きです。

前回とりあえず回路図を起こしてみたので、そのつづきとして「じゃあ、その回路でホントに大丈夫なのか?」

といったところを検証していきます。

 

というわけで組み立てたのがこの回路。

PICマイコン、キーイング速度調整用のボリューム、キーイング出力の様子を確認するためのLED、

スイッチング出力用のオープンコレクタTr。

シンプルな構造です。

 

上の基板はバーストコントロール回路を実験したときの基板。

2つを並べてみると良く似てますね〜。

どちらも基本はスイッチングコントロール回路ですからね。

 

さて、ハードは出来たので次は取り合えずの動作確認用お試しソフトを作らないといけないですね。

これからコーディングに入ることにします。

続きまた次回。


#CWキーヤー #CWエレキー #自作










エレクトリックキーヤーの製作

前々回で報告したとおり、無事局免も無事下りて

一応いつ電波を出してもいい状態にはなったのですが

まだ設備的にいろい足りないものがあってQRVには至らず・・・

 

今手元にあるのはIC-706とアンテナチューナーのみ。

アンテナどころかマイクも電鍵もない・・・。

 

特に電信大好きなしまねこにとって、電鍵・エレキーは必須アイテム。

#アンテナも必須アイテムですが(笑 
 

最近のリグは最初からエレキーが内蔵されているのが普通のようで(すっかり浦島太郎状態ですな・・)

うちのIC-706にも入っているようなのですが、取説を読んで使い方を調べてみた感じだと

なんかいまひとつ・・・。

 

車載することを視野にいれてコンパクトに作られている機種のせいか

スイッチ類も必要最小限に抑えられていて

あれこれとスイッチを操作しないと設定変更できなかったりして、どうも直観的に使えない感じ。

 

少なくともキーイング速度はボリュームでクリクリと変えたいところ。

じゃあ、エレキー単体を買ってくればいいじゃないかと、ネットで検索してもほとんど見つからない。

どうやら、エレキーそののものがほぼ市場から消滅しまっている雰囲気。

 

かつて有名だったケンプロはエレキー生産をやめてしまっているようだし

カツミは会社そのものが無くなってる・・・

 

GHDさんが8CHメモリーキーヤーを製造されているようですが、

なかなか高機能でその分お値段も高め。

もうちょっとシンプルなやつでいいんだよな~。

 

ほしいものが売ってなければ自分で作ればいいじゃないか、ということで

今回はエレキーを自作してみることにします。

 

最初のとっかかりとして回路図を描いてみました。

 

 

バーストコントローラを作ったときに使ったマイコンPIC12F1822をメインにして

その周辺に種々のインターフェイス回路を接続。

こんな感じでイケるかな~。

 

次回に続きます。

 


#CWキーヤー #CWエレキー #自作










| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RSS Readerに登録


Subscribe with Live Dwango Reader


My Yahoo!に追加


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

秋葉原ショールームのご案内

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM