東京マーチス受信動画

先週の全市全郡コンテストで千葉県の袖ヶ浦市に移動してきたわけですが
せっかく海沿いに来たので、ついでに普段自宅からは受信できない無線通信をなにか受信してみようということで
東京マーチスの受信に挑戦してみました。









PCのブラウザだけで短波を聴く方法

car_mobile
ここ最近、SDR方式採用した受信機が一般的になってきました。
価格もかなり安価なものも出てたりしていますが、
実際、短波ラジオやアマチュア無線を受信してみようと思うと
アンテナとかその他諸々も必要ですので、そろえると結構な額になってしまいます。









羽田ATISのシステムが替わっていた

航空無線で聞ける通信の中にATISっていうのがあります。

ご存知の方も多いとは思いますが、ATISは「Automatic Terminal Information Service」の略で

空港が周辺の気象状況や使用滑走路など離着陸に必要な情報を

飛行している航空機向けに送信しているものです。

 

天候、風向、風速、気温、視程距離などを放送しているので

台風が来たりと悪天候のときには受信して利用させてもらっているのですが

先日久しぶりに聞いてみたらシステムが更新されたらしく、アナウンス音声が替わっていた。

 

更新される前の音声はこちら。たまたま録音したのがPCに残ってました。
2014年のころの羽田ATISの音声

 

更新前、更新後を聴き比べてみてもらっても分かりますが

電界強度も以前より上がっていてだんぜん聞きやすくなってます。

もしかして空中線とかも一斉に更新されたのか?

 

こういうネタは航空無線マニアがきっとブログに書いていたりするだろうと思って

ググってみるもそれっぽい情報は出てこない・・。

だれかご存知ないですか????


 









ハイウェイラジオが自宅で聞こえてしまった件

ハイウェイラジオ

なんの脈絡もない話ですが、しまねこの自宅の近くに高速道路が走っています。

近いといっても自宅から高速道路を目視できるわけでもなく、

道路を走る車の音が聞こえるわけでもなくで、

「遠いわけではないが近い距離でもない」、といった場所。

直線距離にしたら4〜500mといったところでしょうか。


ハイウェイラジオ

先日、ふとした思いつきで自宅のベランダでハイウェイラジオ1620kHzをICF-7600GRで受信してみました。

もしかしたら聞こえるかな〜くらいのノリで。

 

そうしたらなんと受信できるではないですか。

しかも下の動画のように安定して聞こえてきます。


 

ハイウェイラジオは漏洩同軸ケーブルを使っているとどこかで聞いたことがあったので

受信できるのは道路からせいぜい数十メートルくらいまでだろうと思っていたので

かなり衝撃的な結果でした。

 

でもって、ちゃんと調べてみようと思いググってみると・・・

 

wikipediaから引用

(路側放送は)1620kHz(空中線電力10W以下)または1629kHz(空中線電力5W以下)で

路肩または中央線上に設置してある漏洩同軸ケーブルを用いたアンテナから一定区間で放送を行う。

 

送信電力が最大で10Wもあるのですね。

昔の電話級や電信級と同じじゃないですか。

地球の裏側まで電波が届く出力ですよ。

それって出しすぎじゃね〜の?と思ってさらにググってみるとこんな資料が。

 

第7章側路通信設備(国土交通省WEBサイトより)

 

なるほど、ちゃんと検討した結果なのですね。

受信に必要な電界強度の算出方法などはラジオマニアにとってもなかなか興味深い資料です。

 

いつもは電波利用税取るだけのウザイだけの存在だったのに、なかなかやるじゃねぇか。

あ、利用税取ってるのは総務省か(笑










送信所の周波数的勢力関係図

前回の記事では送信所の物理的な位置関係について調べてみました。

wikiだとか、放送局のHPとかを見て回った結果をまとめたわけですが

いろいろ見ているうちに、各送信所に割り当てられている送信周波数が

思ってた以上に結構被ってることに気が付きました。

 

じゃあそのあたりについてもまとめてみるか、

ということで今回はそのあたりのことを報告します。

 

前回のブログの題が「地勢的勢力関係図」にだったので

今回のは「周波数的勢力関係図」ってことで。

 

 

周波数と電力
まずは都内、千葉、神奈川のFM送信所の周波数と送信電力をプロットしてみました。
(グラフはクリックすると大きくなります)

これで見ると84MHz周辺がわりと混んでることがわかります。

 

NHK秩父とNHK小田原に至っては83.5MHzで同じ周波数になっていますね。

埼玉と神奈川の県境の見晴しのいい場所だったら両方からの信号が受信できそう。

 

他に気がついた事としては、同じ場所にある送信所は送信電力も同じになっているようです。

 

たとえば、NHK勝浦とBay-FM勝浦(勝浦市大沢字上大沢)は共に100W、

NHK小田原とFM横浜小田原(小田原市曽我谷津字風越)も100W、

NHK館山とBay-FM館山(館山市洲宮字星里)は10W、

NHK南房総白浜とBay-FM南房総白浜(南房総市白浜町滝口字向原)は1Wとなっています。

 

大きいところだと、東京タワー(TOKYO-FM,放送大学,Inter-FM)が10kW、

スカイツリー(J-WAVE,NHK)が7kWとなっていますね。

場所が同じということで、設備も一部供用してるのかもしれないですね。

 

しかし、NHKとBay-FMたタッグ率が高いなー。ひそかに協業してる?(笑

 

さて、上のグラフの範囲に山梨、群馬、茨城、静岡、栃木の送信所を加えたものも作ってみました。

それが下のグラフ。

周波数と電力

こっちでも、84MHz近辺は混雑してる・・というよりぎっしり状態ですね。

87MHzより上のほうとかはスカスカなのに、なんでここに集中してるんだろ?

 

87MHzより上は海外のFM放送でよく使われている周波数なのでそのあたりがなにか関係しているのかな?

アナログTV時代、Eスポが出ると海外のFM局が日本のTV1ch~3chあたりと混信起こして

映りが悪くなったりなんてことがあったりしたので、そういう影響を考慮してるとか・・。

 

ひねくれた見方をすると、海外のラジオ中継器メーカーが参入できないようにするために

海外と周波数がかぶってる部分にはわざと周波数を割り当ててないとか・・・

 

深読みすると周波数的勢力関係だけでなく、政治的勢力関係も見えてくるか・・・・( ̄▼ ̄*)ニヤッ

 









FM補完放送を受信してみた

おそまきながらあけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

今年の年末年始のお休みは、酒呑んでるか、ネット見てるか、二日酔いで死んでるかのどれかだったので

工作は全く進みませんでした(^^;

 

代わりといってはナンですが、FM補完放送を受信してみましたので報告します。

FM補完放送も既に今更って感じですが

 

・・・ FM補完放送について・・・wikipediaより

FM補完中継局(エフエムほかんちゅうけいきょく)とは、中波放送(AM放送)の放送区域において超短波放送(FM放送)用の周波数を用いる中波放送の補完的な放送、FM補完放送(エフエムほかんほうそう)を行う中継局である。

 

総務省告示基幹放送用周波数使用計画第1総則 第5項に「中波放送を行う基幹放送局の放送区域において災害対策等のため補完的に超短波放送用周波数を用いて放送を行う中継局」を「補完中継局」と規定[1]している。

 

 

さっくりまとめると、アナログテレビ終了で空いた周波数で中波放送の補完放送するって話のようです。

 

調べてみると関東周辺では以下の周波数で放送してるらしい。

 

90.5MHz TBSラジオ

91.6MHz 文化放送

93.0MHz ニッポン放送 

 

こちらに全国で放送されている局のまとめがありますので興味のある方はどうぞ。

 

というわけで、93.0MHzのニッポン放送をICF-SW7600GRで受信したときの動画を撮ってみました。

 

 

ノイズもなくきれいに受信できています。

音質レベルも通常のFM放送と同じなんですね〜。

AM放送の補完放送なので伝送帯域もAMと同じなのかと勝手に妄想してました。。

 

送信はスカイツリーから行われているようです。

 

補完放送の目的は難聴取対策と災害対策ということのようですが

ウチでは商用電源経由でのノイズが酷く、室内での中波受信はほぼ不可能だったので、

これはものすごく助かります。

 

あと、中波送信所のあの巨大なアンテナも、そのうち台風や地震みたいな災害で

ボキッと折れる日が来るのではないかと個人的に戦々恐々としていたので(笑、

代替手段ができてひと安心です。

 

税金ぶんどるだけじゃなくて、ちゃんと仕事もしてるじゃねぇか、総務省(笑

 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ









晴天時の関東地方でのATISもついでに聞いてみる



大雪から一週間経ちましたが日陰にはまだまだ雪が残ってます。

前回は暴風雪だった2/14の羽田ATISの受信音を紹介しましたが
今回は通常時(2/21)のATISの受信音をupしてみました。

羽田ATISの受信音

Tokyo International Airport information Echo, 1130.
ILS X-Ray runway 34 left approach and LDA visual runway 34 right approach.
Landing runway 34 left and 34 right, departure runway 05 and 34 right.
Departure frequency 126.70. Parallel ILS approaches to runway 34 left and right are in progress. Wind 320 degrees 18 knots. Visibility 30 kilometers, ???.
Temperature 5, dewpoint 58. QNH 30.23 inches. Advise you have information Echo.

たぶん内容はこんな感じ。(一部不明なところもありますが)

ついでに2/14のものも改めて聞き直してみましたが、
やっぱり内容よくわかりませんでした(^^;

しかし、一カ所「おっ」と思った部分がありました。
それは冒頭の以下の部分。

Tokyo International Airport information Foxtrot, 1333.

最後の数字はインフォメーションの更新時間をUTC(協定世界時)で現しているのですが
通常、羽田のATISの更新時間は30分周期です。
なので、いつもだったら1300->1330->1400->1430・・・・と進んでいくのですが
このときのものは1333となっています。

めまぐるしく気象状況が変化し、それに合わせて随時ATISを更新していた様子が伺えます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
-----








暴風雪の関東地方でATISを聞いてみる



関東地方は昨日の朝から夜半にかけて大雪。
特に夜は風も強く暴風雪状態でした。
先週の雪もすごかったのですが、今回のはたぶんそれ以上。

こういう大荒天のとき、必ずチェックしているのがATIS。

ATISとは(Automatic Terminal Information Service)の略で、空港が離着陸する航空機に対して
気象情報、飛行場の状態などをVHF帯の音声放送でお知らせしているシステム。
船舶では灯台放送というものがありますが、それの航空バージョンといったところでしょうか。

昨晩もものすごい吹雪みたいな状態だったので、さぞかし空の便も大騒ぎになってるだろうと
最寄の空港である羽田空港のATISを受信してみました。

20140214の羽田ATIS受信音

・・・普段、天候が良いときの放送内容とはまったく異なったものが放送されており
私の英語力では何言ってるのかさっぱり(^^;

かろうじて風速が30ノット(普段は5ノットくらい)、視界が650m(普段は20kmくらい)とか
言ってるのが聞き取れた程度。。

どなたか内容がわかる方がいらっしゃったら教えてください(笑

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村











ICF-SW7600GRゲット



だいぶ「いまさら」感があるような気もしますが
SONYのICF-SW7600GRを購入しました。
DEGENのDE1103にしようかとも思ったのですが
最近はソニーも元気がないようなので、応援するつもりでこちらにしました。



今回購入したのは米国版の平行輸入品。
お値段は1万円台の中ごろくらいでした。



国内の正規版とくらべるとかなり安いのですが、
米国版に入っているのは本体とケースと外部アンテナのみで
ACアダプタなどは付属しません。
ちなみに説明書も英語・スペンイ語などで日本語版はなし。



それと、保証書が付いてくるのですが「U.S. Only」の文字が。
日本国内では無保証のようです。


さて実際の性能ですが、購入直後に実家に帰省したので、
そちらでいろいろ確認してみました。

場所は都心から直線距離で150kmくらいの、群馬と長野の県境くらいのところ。
木造2階建てのバルコニーにてまずは在京AM局を一通り確認。
TBS、文化放送、ニッポン放送がノイズまじりながら聞こえてきます。
日が落ちるころになると信号が強くなり、特に問題もなく良好に受信できます。
家にあるいわゆる普通のラジオでは、昼間はまったく受信できず、
夜間もフェージングを伴いながらなんとか聞こえる程度ですので
性能の差は圧倒的です。(まあ、比較対象にすること自体、可愛そうですが笑)

続いてFM放送を受信。
こちらは、NACK5, TOKYO FM, J-WAVE, FM YOKOHAMAを試してみましたが
J-WAVE, FM YOKOHAMAはノイズありながら放送内容は十分に楽しめるレベル
NACK5, TOKYO FMは近傍に地元のFM長野(79.7MHz)があり
そいつからの被りで全く受信できませんでした。

ちなみに自宅の一般ラジオではこれらは全く受信できません。

FM長野の送信所は送信電力1kWで実家からは30kmくらいの距離、
TOKYO FM送信所は送信電力10kWで実家からは150kmくらいの距離。

障害物などの影響を無視して、単純に自由空間上での伝播と仮定すると
受信地での電界強度は、FM長野を1とするとTOKYO FMは0.2くらい。
これで周波数が近いとなると、やはり厳しいかも。

但し自宅からみると、FM長野の送信所とTOKYO FMの送信所は
ちょうど90度の角度になるので指向性アンテナなどを建てれば
受信できそうな気はします。

全体の感想
予想以上の性能で十分満足できるレベルでした。
但し、周波数変更がダイヤル式ではなくボタン式であるのがちょっと残念。
やっぱり周波数はダイヤルでクリクリ変えたいですものね。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村








ベランダの手すりを受信アンテナにしてみる

ブログにも時々書いていますが、我が家は集合住宅のためアンテナを張るのもままならず、
いつもは3mほどのACコードを物干しにひっかけて受信アンテナとしています。


こんな感じ。
普段、洗濯物を干したりする場所なので、常時張りっぱなししていわけにもいかず
受信するたびに張って、終わったらかたづけるというような状況です。

ある日、ネットでベランダの手すりをアンテナ代わりにしている例をみつけ
うちでも試してみることにしました。

とりあえずラジオのアンテナ線を手すりに接触させて受信してみましたが
なにも聞こえず・・・。
どうやらうちの手すりは表面に防錆加工がされており、これが電気を流さないモノらしい。
これではアンテナとしては使えません。

それでもシブとくあちこちにアンテナ線をつないで試してみると
手すりを建物に固定しているボルトの部分につなぐと受信できることを発見。
しかも、物干し竿にACコードを引っ掛けたものよりも感度良好(^^)



早速、アンテナとして常用できるようにすべく工作開始。
電気工事用の丸型端子をホームセンターでゲットしてきて
ボルトの部分に接続。その先にACコードを半田付け。



こんな感じ。



ACコードは室内につながる通風孔から引き込みました。



ACコードだと太すぎて引き込めないため、工作用の細めの線に繋ぎかえています。



室内から見るとこんな感じ。
コードの先をわに口などでつまんでラジオ側に繋いでやるようにし
普段使わないときは通風孔の中に押しこんでおくことに。



通風孔の中を通るときにノイズを拾っているようだったので
アルミホイルでシールドしてみました。



三石短波ラジオで受信テスト。
昼間でもラジオ日経や中国国際放送などが良好に受信できました。

これまでのアンテナより感度が上がったのもうれしいですが
なんといっても「アンテナが常設されている」というのがイイです(^^)
今後、どれくらいアンテナとして使えるのかいろいろ試してみます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
-----








| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

RSS Readerに登録


Subscribe with Live Dwango Reader


My Yahoo!に追加


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

秋葉原ショールームのご案内

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM