Ryzen5でAndroid Studioを動かす

自宅のPCでandroid用のアプリを開発すべく、Android Studioをインストール&セッティングしていたのですが
ちょっと問題が発生したのでそのときの内容をメモ程度に。

Android StudioにはWindows上でAndroidアプリを動かすエミュレータ機能が付いています。
これを使えるようにするには「Intel Virtualization Technology機能を使う」と
手元にあるAndroidStudioの入門書には書いてあるのですが
この「Intel Virtualization Technology」は読んで字のごとくIntelのCPUに限定された機能で
自宅のPCに乗っかっているAMDのCPUでは、入門書の手順通りに設定しても動かなかった。

AMD CPUでは以下のような手順での設定が必要です。(OSはWindows10 Home)

1.BIOSでAMD SVM(Intel Virtualization TechnologyのAMD版)をEnableに設定する。

2.Windowsを起動しコントロールパネルの「Windowsの機能の有効化または無効化」から
「Windowsハイパーバイザープラットフォーム」にチェックを入れる。
PC

3.コマンドプロンプトからsysteminfoを実行し、「Hyper-Vの要件」の項目が下の図のような表示になっていることを確認する。
PC


PC

以上で設定完了。無事にエミュレータが起動しました。

世の中Intelマシンが圧倒的多数になっているせいか、それ前提で書かれている技術書も多くなってきてるみたいですね。
というか図書制作側もIntel以外のPCを使ったことなくて知識がないだけかもしれませんが。。

AMDユーザーはご用心

ちなみに使っている入門書はこれ。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はじめてのAndroidプログラミング 第4版 [ 金田 浩明 ]
価格:3025円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)


 






コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
                 ads                           

RSS Readerに登録


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM