VFD管表示時計の製作



前回作ったVFD管表示のFMラジオはラジオ機能をoffにしているときには
時計表示になる仕様にしたのですが、今回は時計表示専門のものを作ってみました。



VFD管をいままでの4本から6本に増やし、時・分・秒を表示できるようにしました。
もともとマイコンの制御端子、トランジスタアレイとも使っていないポートがあったので
その先に追加のVFDを接続するようにすることによって、大きな回路変更もなく実現できました。



もう一つの変更点としてはクロックを普通の水晶振動子からTCXOに入れ替えています。
これでクロックの精度が一桁あがり、月差±10秒程度の時計になりました。



実はプリント基板は1回作り直しています。この写真は1回目に作ったプリント基板。
何が違うかわかりますかね~?
両端に3つづつ並んでいるヒーター用の抵抗の配列を変えています。
この抵抗は0.2W程度の発熱があるので、放熱のために位置をずらしました。
あわせて抵抗のリード線からの放熱を促すために、配線パターンを2まわりほど太くしました。
また写真ではわかりませんが、はんだ面側にサーマルパッドを置いています。
これらの対策である程度放熱が促進されるようになりました。
まあそれでも熱いんですけどね(^^;

今回もキット化してヤフオクに出品しています。
5枚プリント基板を作って1個は自分用にしたので4セットのみですが
興味のある方はブログ左側にある「ヤフオク出品中キット」からどうぞ。

6/23追記
売り切れました。ありがとうございました。

10/16追記
ご好評いただいているので追加生産しました。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
-----



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
                 ads                           

RSS Readerに登録


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM