デジタル表示短波ラジオの製作(予備実験)



以前製作した、スーパーヘテロダイン短波ラジオは感度・選択度ともに
それなりに満足のいく性能で、日々、大陸方面からの放送を受信するのに
使用しているのですが、周波数が直読できないのがちょっと不満でした。

受信周波数を知る方法としては、局発の発振周波数を測定してやるのが
いちばん手っ取り速そうなので、これまた以前製作したシグナルジェネレータ
周波数カウンタをつないで試してみました。



短波ラジオの局発出力をそのまま周波数カウンタにつないでいます。



そうするとこんな感じで発振周波数がカウントできました。
短波ラジオのチューニングダイヤルを回してやると
それにあわせて周波数も変化します。
この値から中間周波数の455kHzを差っ引いたものが受信周波数になります。

といったところで、今あるものを組み合わせると目的のものが出来そうな雰囲気になったので
早速、製作にとりかかることにしました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村
-----



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
                 ads                           

RSS Readerに登録


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM