電動ガンバーストコントローラ回路Ver.2 デバッガ接続テスト

AIrGunBurst
製作中の電動ガンバーストコントローラ回路、とりあえず部品実装までは完了しましたので
今回の懸念事項の1つであるCPUへの書き込みができるかどうか確認してみました。

上の写真の基板右端に5つ並んだビアがCPUとデバッガの接続箇所となります。

AIrGunBurst
この端子にこのようにデバッガを接触させてプログラムの書き込みを行います。

ところが何回やっても書き込めないどころか、CPU自身の認識するされない。。
テスタで関係ありそうなところを当たってみたところ、どうやらCPUに電源5Vが供給されていない模様。。

AIrGunBurst
5V電源は三端子レギュレータから供給されているのですが、これが入力電圧は正常に掛かっているものの
出力が0.2Vくらいしか出ていない。。

というわけで、3端子レギュレータを交換。
一度ハンダ付した表面実装部品をはがすのはなかなか労力が要ります。
部品を外すと基板のランド部分にハンダが残っていたりして、次の部品を付ける作業に支障が出るし、
周りの部品も干渉してくるしで思った以上にハード。

なんとか交換に成功したものの、作業の途中でレギュレータを1つダメにしてしまった・・・

AIrGunBurst
部品交換後、5V電圧が正常に出ていることを確認してから再度プログラム書き込みに挑戦。

PCのデバッグ用ソフト上に「Programing/Verify Complete」の文字が表示され
無事書き込みに成功したことを確認。
あ〜よかった、とりあえず第一関門突破といったところか・・。

この先には「電流検出ICの感度調整」という最大の難関が待ち構えております。
実際のところ、ICの周辺に付ける抵抗値をあれこれ替えてみて、
ちょうどいいところを探すという作業になるわけですが、
この極小基板の部品を付け外ししなきゃいけないのかと思うと早くもめまいが・・・・

次回に続きます。









コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

RSS Readerに登録


Subscribe with Live Dwango Reader


My Yahoo!に追加


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

秋葉原ショールームのご案内

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM