PCを10年ぶりに更新(予定)

PC
このたび、PCを10年ぶりに更新することにしました。
理由はいろいろありまして、つらつらと書くとこんな感じ。
一つ目の理由は現在使用中のWindows7がここ最近アップデートがどうもうまくいかないことがあったこと。
特にブラウザのアップデートがいつのまにやらできない状態となってしまって
そのおかげで去年はネットでの確定申告のときに国税庁のサーバにうまくつながらず
結局、子供が使っているWin8PCを借りて申請するハメに。
このWindows7も再来年の1月に正式サポート終了となるようなので、じゃあWin10に乗り換えましょうということに。

2つ目は、ならWin10を買ってきてPCはそのままでOSだけ入れ替えようかと最初は画策したのですが
どうもメモリ容量も増やしてやらないと快適には動かないっぽいという話を聞いたので
現状の4Gbyteから8Gbyteに強化すべく、ネットショップでメモリを探してみるものの
うちのマザーボードに適合するメモリがなかなか見つからない。
この10年の間にメモリ規格が大幅に進化したようで、うちのメモリは2世代も前の旧型になってしまっていた。
そうなると入手も難しいし、ある意味レアアイテムなので売っていたとしても
現行のメモリと比較するともだいぶお値段も高め。
下手すると、旧型メモリの価格≒新型メモリ+マザーボードの価格とかなってしまう。
なら、もうちょっと頑張ってCPUも新しいソケットのものに替えて、
マザーボード・メモリ・CPU・OSで替えたほうがいいのでは?という気分に。。。

3つ目。ちょっと前のブログにも書いたのですが、そのうちスマホを使って外部から制御できるようなものを
電子工作で作りたいなーと思っているのですが
それはつまりスマホ用のアプリの開発もするということ。
でもって、開発環境について調べてみたところなにやら、やたらとメモリが必要らしく
推奨環境はメモリ8Gbyte、でも一般的には16Gbyteくらい積んだPCで開発してるらしい。。
こうなってくると、お高い旧型メモリ16Gbyte分の価格>新型CPU+新型メモリ+マザーボードの価格となってしまうので
もうこれは入れ替えるしかないって結論に。。。
でもって買いそろえた部品一式が上の写真。

PC
買ってみて1つ驚いたことが。
Windos10みたいなOSは、昔から光学ディスクで売られているものという認識だったのですが
最近のはUSBで送られて来ます。
そりゃそうですよね、DVDだと容量は4.7GbyteですがUSBだと32Gbyteくらいのが1000円くらいで手に入っちゃうし。
光学ドライブが無くなる日も近いのか。。。。。

そういえば、よくオフィスなんかのアプリについてるフロッピーディスクの形をしたセーブボタン。
最近の若い人はあれがフロッピーディスクを模ったものであることを知らないそうで。。。
実物のフロッピーディスクを見たことないんだから当然とうなるわけですが、
こういう話を聞くと、なんだかじぶんがえらくジジイになった気分になりますな。。。

別の話では、あるお父さんが机の引き出しの奥から出てきたフロッピーディスクを息子に見せたところ
「あ、セーブボタンアイコンを3Dプリンタで作ったの?」
と言われたそうな。

組立を始めるのはもう少し先になりそうですが、始めたらまたブログで紹介します。









コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

RSS Readerに登録


follow us in feedly

にほんブログ村 その他趣味ブログ 電子工作へ
にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ






製作物紹介リンク

メールフォーム

秋葉原ショールームのご案内

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM